ブログトップ | ログイン

アロマセラピストがつづる日常のできごと~ほっと一息~

そらの皮膚トラブルの素晴らしい改善

愛犬のそら(フレブル7歳)は、5歳を越えた頃から、夏に部分的に皮膚にかさぶたができて、毛が抜けるようになっていました。2010年の夏は、5×6センチぐらい、背中に禿げたところや、足にも1センチくらいの直径で禿げたところが、何箇所かできていました。これぐらいの小さな範囲の皮膚トラブルは、クレイとハーブとアロマのケアで治っていました。

ところが、昨年は夏の暑さが半端ではなく、クレイとハーブとアロマのケアだけでは、治っては、今度は違うところが禿げてきたり、治ってはまた禿げるといういたちごっこをしていました。かかりつけの獣医師に一度見てもらいましたが、ケアをしたところは皮膚が再生の準備を始めているようだと言われ、清潔に心がけてくださいとシャンプーなども薦められました。

先生は私がいろいろなケアをすることをご存知なので、いつもきっちりと、その症状に対する獣医療における治療のいくつかの取り組みを説明され、飼い主の私が選べるようにしてくださいます。前のがんで亡くしたワンちゃんからお世話になっている、とても信頼している先生です。

「ステロイドの飲み薬を普通は飲みますが、どうしますか?」と尋ねられ、私は「飲みません」と答え、一番軽いステロイドの軟膏を、足が届くお腹の痒いところに塗ってあげようと頂きました。また、シャンプーを自分のところで、製品化していますが、あえて、先生のお勧めになる薬用シャンプーを試しに買ってみました。
早速家に戻り、薬用シャンプーを使いましたが、かなり強い香りで、そらには刺激が強すぎて、すぐに洗い流し、NICOシャンプーに戻りました。

そんな折、こちらのペットのホリスティックケア講座のホメオパシー担当の獣医師の坂内祐美子先生がおみえになりました。ご相談したところ、食事の見直しと、鍼と漢方薬を勧められました。坂内先生は10数年前に私が動物のマッサージを学んだ時の恩師で、手作り食の先生でもあります。そうそう、ちゃんと勉強していたのに、大事なことを忘れていました!フレンチは熱がこもる体質でした!

坂内先生は犬に獣医師がマッサージすることを「犬にマッサージ?」と理解されない時代から、動物のマッサージを啓蒙されていて、動物のホリスティツクケアのフロンティア的存在の方です。

次の講座のときに鍼は一度してもらいました。漢方薬を飲み、食事を見直し、体を冷やす食材に変え、その後もクレイパックをし、ハーブやハーブウォーターでケアをしました。鍼をしていただいた時から、急に皮膚が回復してきました。被毛が芽が出てくるように生えてきました。まさしく鍼の力と他のホリスティックケアの相乗効果の賜物だと思いました。一番軽いといわれたステロイド剤も痒いときに足が届くお腹に少量を塗ってあげて利用しました。

かかりつけの動物病院に最初に受診してから、1ヶ月くらいして、予防注射で行きましたら、先生がそらの皮膚の「回復の驚かれて、「何をしたんですか?!」尋ねられたぐらい、皮膚の回復は素晴らしかったです。いままで、いろんなことを学んできて本当に良かったと思いました。そして、多くの方に方に伝えたいと、坂内先生も私も強く思いました。それが、今年の6月3日(日)と6月7日(木)の「動物のためのホリスティックスキンケア講座」の開催につながります。

一番ひどい時の皮膚の状態(2011.7.5)
c0157323_013547.jpg


急激に改善した皮膚の状態(2011.8.18)
c0157323_041451.jpg

# by aromaspacenico | 2012-04-12 23:25 | ペットホリスティックケア

2月3日 二胡とハーモニーベルの演奏会

2月3日。節分の日。
昨年、大変好評だった「二胡とハーモニーベルの演奏会」を開催しました。
11名の皆様に集まっていただきました。

ニ胡演奏者 桜鳥 文風(おおとりあやか)さんとハーモニーベル奏者 高橋 京子さんの息のあった、癒しの音浴は、心と体に染み渡り、とても貴重な時間となりました。

二胡の音に加え、桜鳥 文風さんのオリジナルのバックの音楽が、あるときは鳥の声や水の流れのような自然の音であったり、大きな海原の鯨の声であったりして、そこにハーモニーベルの癒しの音が響き、懐かしいような、心が落ち着く音の調和が見事でした。

音楽を聴く前に深い呼吸をしながら、心と体を落ち着け、緩めていきます。
そうすることによって、すぅ~と音が溶け込んできます。

それぞれの人が、音楽を聴きながら、自分の世界を作り出す。
いろいろなイメージを広げていく。心を解放し、癒されていく。

ある人は宇宙空間のイメージを広げていました。
ある人は、海辺で鯨の姿を見つけ、一緒に大海原を泳いでいるイメージを持ちました。

私は覚えているイメージを少し書きます。
虹のような七色のタンポポの綿毛のようなものが、この演奏会に参加している人達のもとに、ふわふわと舞い落ちてきました。あまりに綺麗なので、参加された皆様の姿を思い浮かべながら、ひとりひとりに虹色の綿毛が舞い降りるイメージを送り、笑顔でそれを受けとられている姿を思い浮かべました。そして、それを喜んでいる自分も感じていました。

曲の雰囲気が変わると、今度は朝霧のかかった森の中を歩いていました。とてもすがすがしくて、思わず笑みがこぼれます。朝陽が木々の間から、輝く光の筋となって広がります。爽やかで、新鮮な空気に満ち溢れた森。小鳥のさえずりもあちらこちらで聞こえます。

と、今度は昔見たサウンドオブミュージックのような世界へ。集まった仲間と、手をつなぎながら、草原のような山を歌いながら登って行きます。美しい緑。吸い込まれるような青い空。風が心地良く吹いています。

とこんな感じで、どんどんイメージが広がりました。。
演奏が終わった時は、皆様の顔が穏やかで、満ち足りた優しい表情に見えました。
その後、高橋さんのお嬢さんが手相鑑定やタロット占いまでしてくださって、さらに盛り上がりました。

桜鳥文風さん、高橋京子さん、高橋さんのお嬢さんありがとうございました。
参加してくださった皆様、ありがとうございました。
またこの場をお借りしまして、人数に限りがありましたので、お声をかけられなかった方にもお詫びを申し上げます。来年の2月3日にまたお会いできることを楽しみにしています。

二胡
c0157323_038145.jpg


ハーモニーベル
c0157323_0384059.jpg               
# by aromaspacenico | 2012-03-06 00:43 | 講座・イベント

謹賀新年

新年おめでとうございます。2012年が皆様にとって、希望に満ちた明るい年になりますように
心よりお祈り申し上げます。

お正月に寒川神社に初詣に行きました。
大勢の人が参拝に訪れていました。沢山の人の願いが、今年はとても力強くみえました。
きっときっと、今年は被災地の復興が進み、政治にも変化が現れ、希望の年となると信じます。

境内への入り口では、東北から送られた立派なねぶたが迎えてくれました。
c0157323_23244560.jpg


本殿の上に、なんと龍の雲が見えました!雲の形にご注目あれ。縁起がいい出来事でした。
c0157323_23281119.jpg


参道には出店が賑わっていました。なかでもだるまさんが目を引きました。
願いが叶って、だるまさんに早く目玉が増えるといいですね。
c0157323_23324625.jpg

# by aromaspacenico | 2012-01-06 23:35 | I LOVE 湘南

風に乗って雲が走る

今日は朝から海岸へ、愛犬そらとうみの散歩に出かけました。
上空は強い風が吹いていたようで、素晴らしい海と空と雲のハーモニーをを楽しんできました。

私は、青空と雲が大好きです!
今日はカメラは持って行かなかったので、携帯で撮ってきました。
さあ、湘南の11月の空へ、風に乗ってまいりましょう!

c0157323_22175248.jpg


c0157323_2218507.jpg


c0157323_2219316.jpg

沖に見えるのは、烏帽子岩。
c0157323_22212131.jpg

海面も砂浜も太陽の光に輝いて
c0157323_22224429.jpg

そらうみパパ&そらとうみの前方に見えるは江ノ島。
# by aromaspacenico | 2011-11-12 22:28 | I LOVE 湘南

来て良し、帰って良し

しばらくご無沙汰していました。お元気でしたか。
Aroma Space Nicoのスタッフブログのほうへは投稿をしていますが、こちらへの投稿がしばらくお留守になっていました。なるべくこちらは、仕事とは離れた事を綴っていきたいと思います。のんびり、ほっと一息しましょう。

タイトルはなに?と思われたかも知れませんね。
実は7月末に、娘のところに男の子が誕生し、めでたく「ばあば」になりました。

娘が懐妊したという知らせを受けたとき、やっとこれで「命のバトン」をつないだと思いました。
私の両親が、そのまた両親が・・・ご先祖様たちが・・・地球上の人類が続けてきて、「命のバトン」。

あかちゃんの生命のエネルギーは特別ですね!
生まれ出た瞬間には3兆個細胞があると言われています。大人の全ての細胞は60兆個と言われていますから、驚くべき速さで、限りのないエネルギーで成長していくわけですね。命の神秘には感動させられる事が沢山あります。

産後は実家に戻ってきましたので、家事に育児に久々に頑張りました。孫と娘のためならえんやこら!
子育てしていたときの自分がよみがえります。あれからどれほどのときが流れたのでしょうか。自分の子供のときは、精一杯、責任があるから大変でしたが、孫はあかちゃんの可愛らしさを受けとめるだけでいいので、嬉しいです。

世のじいじ、ばあばは、子育てをしているときは、子供に恥じないように生きようと思い、年をとると、今度は、孫に恥じないように精一杯生きようと思うのでしょうか。

子供は皆、大きく育ちましたので、今度は私たちは、孫と愛犬のためにがんばれると思います。ありがとう!じいじとばあばは頑張るよ。愛犬にとってはパパママ。自分の子供たちにとってはお父さん、お母さん。3つを使い分けているこの頃です。
# by aromaspacenico | 2011-10-31 01:02 | 出会った本

何気ない日常の中に沢山の輝きを見つけて