ブログトップ | ログイン

アロマセラピストがつづる日常のできごと~ほっと一息~

<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

フラワーレメディを生活の中で活かす 妊娠中の方の場合

こんにちは。暑い日が続きます。
お元気ですか。

先日、出産予定日まであと2週間ほどの妊婦様のために、フラワーレメディカウンセリングに行ってきました。出産までのわずかな貴重な時間をよりゆっくり、心も体も体調を整えていただきたいと願いながら,
お話しを聞いたり、ご質問したりしながらご一緒にレメディ選びをしました。

フラワーレメディのカウンセリングは、お話しを聞いたほうが、「はい。あなたはこれです」と必要なレメディを申し上げるのではなく、お話しをしながら、ご本人様が自分が必要なレメディに気づいていかれるようにサポートし、適切なレメディを二人で見つけていきます。

トリートメントボトルというものをお作りしますが、そこには38種あるフラワーレメディとレスキューレメデイのなかから、6・7種類まで一つのトリートメントボトルに調合することができます。

お産に対する不安がある方には、ある特定の物に対して不安や怖さがあるときに手助けをしてくれる「ミムラス」、思うようにいかずついイライラしてしまうときは、イライラを緩和するのに役立つ「インパチェンス」、自分の中で許せないような嫌な気持ちがあるときは浄化のレメディ「クラブアップル」、生まれる前までには、あれもこれもと頑張りすぎている方には、時には肩の力を抜くことを手助けしてくれる「オーク」などがあります。

ご本人とご一緒にレメディを選び、トリートメントボトルをお作りしました。その時、最近足が浮腫んでしょうがないですと言われたので、5種類のフラワーレメディとクラブアップルが入ったレスキュージェル(夏はひんやり感があっていいです)でのフットケアをおすすめしました。そして、「もう私の足、浮腫んでしょうがないわ~!」と言うのではなく、「こんなに浮腫むまで、がんばってくれてありがとう!私の足」と言いながら、足をマッサージしてあげてくださいとお伝えしました。(これが純子流です)

2日後には、驚くほど浮腫みが取れましたと言う喜びの声をいただきました。
毎晩寝る前に、、「こんなに浮腫むまで、がんばってくれてありがとう!私の足」と言いながら、足をマッサージしたそうです。ご主人様も痛風があるそうですが、少し痛みが軽減したと言うお話しでした。そんなお話しを聞くたびに嬉しくなる私です。ありがとうございました。よかったですね。
by aromaspacenico | 2011-07-12 18:03 | フラワーレメディ

何気ない日常の中に沢山の輝きを見つけて