ブログトップ | ログイン

アロマセラピストがつづる日常のできごと~ほっと一息~

<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「動物を癒し、動物に癒される」の著者、アレン・ショーン先生のセミナーに参加して

先日、アレン・ショーン先生の来日セミナーを受講してきました。
先生の日本での講演は私が知る限りでは、3度目ですが、私は1度目と3度目の今回を受講しました。
今回のテーマは「動物と人間の絆~地球の癒しへ~」でした。

ショーン先生はアメリカの大学で獣医学部で西洋医学を学ばれた後、鍼灸、カイロプラクティック、植物療法、栄養療法、ホメオパシーなどを探求し、動物の癒しを助ける新たな方法を、常に模索されてきた方です。

一度目の講演では、「癒し」について、真の癒しはどのようなことなのか、心深く印象に残るセミナーでした。
今回はさらに具体的なホリスティックケアのお話が主で、アメリカにおいてもホリスティックなケアを学ばれる獣医師が増えてきているのでは感じるほど、先生のお話の最後には、ホリスティックな療法のできる獣医師が育っていくことを大変望まれていました。

具体的なホリスティックケアの話は、コンパニオンアニマルを選択することから・・・最適な動物を選ぶためのアドバイス、しつけの話、栄養の話、環境の話、エクササイズの話など多岐にわたりました。

人とペットの癒しに関わるものとして、また、私もそうですが、ペットを家族の一員として身近に感じている方々が感じていること、つまり「心と身体」への取り組みとして、人間の思考が自分自身の肉体、思考、感情、精神の健康だけでなく、コンパニオンアニマルにも影響を及ぼすということ。人が落ち込んだときは、動物たちのおかげで、健康や幸せを取り戻すことができ、動物が落ち込んだときには、健康やしあわせを取り戻すように、人間が助けてあげられるという「癒しの循環=種を超えたヒーリング」について先生が語られたときは、本当に嬉しかったです。

先生の著書 「動物を癒し、動物に癒される」
c0157323_21411639.jpg


ホリスティックなアプローチは西洋医学を否定するものではありません。
もともとの「ホリスティック」という言葉は、「全体的な」という意味で、心も体も一つと考え、心と体のバランスをとることが健康を導びくということですが、ほとんどの自然療法がそこに位置しているために、西洋医学はそうではないと考えられるかもしれませんが、同じ西洋医学の治療をしても、治る人、治らない人がいるのは、その人やその動物がもっている自然治癒力の違いにほかなりません。

アレン・ショーン先生も人やペットが健康で幸せでいられるように、西洋医学とそれ以外の療法をバランスよく用いたアポローチを推奨されています。選択肢は沢山、あったほうがいいですね!

ホリスティックケアで飼い主様ができることは沢山あります。
まずは。予防の面。それは、難しいことをするのではなく、例えば、大好きな香りで自分自身のストレスケアに役立てる。すると、香りに癒された飼い主様に癒されて、ペットたちも癒され、お互いのストレスが軽減する。

マッサージをしてあげることが、ペットたちのためになるばかりでなく、飼い主様も癒される。
そんなことの繰り返しが、心も体も健康な暮らし作りに役立っていく。

もしも、病気にペットたちがなってしまっても、獣医さんに相談しながら、お家でもできるケアが沢山ありますし、心のケアは飼い主様が一番できることですね。たとえ病気になったととしても、Q・O・L(生活の質)を変えずに暮らしていくことができる。人も動物も心と体のケアでできることがあれば、あるほど、元気に楽しく生きていくことができると思います。

寛容な心で全てのものを見つめ、本当に大切なものは何か、見極める力と努力を失わず進んで行きたいと思いながら、帰路に着きました。
ショーン先生ありがとうございました。通訳の渡辺様も素晴らしい訳で、私たちに分かりやすく伝えてくださいました。お手伝いなさった皆様、ありがとうございました。
by aromaspacenico | 2010-08-24 21:25 | ペットホリスティックケア

森の精油を訪ねて飛騨高山へ オークビレッジ 稲森 正さん

7月26日、27日に研修旅行で飛騨高山へ行ってきました。
サイエンスで見るハーブウォーターの著者、井上重治先生と日本でのクレイテラピーの第一人者前原ドミニック先生と、その息子さんと4人での旅でした。

目的地は飛騨高山のオークビレッジ
オークビレッジでは、木工家具の製造、木材を使った建築設計、木工の学校、高山の森から間伐された木々を使った精油の蒸留をしています。森を守る活動を精力的に行なっていることで有名な稲本 正さんが代表をなさっています。

稲森 正さんは30年数年前に高山の森に移り住み、20年以上も前から日本各地の森を巡り、その後地球上20箇所の森を訪れました。訪れた森の美しさや迫力、また逆に破戒された森のすさまじさで、戸惑いながらも自分は何ができるかと常に考えながら進んでこられた方です。


オークビレッジで森を案内していただいたり、いろいろなお話を伺ったときに、稲森さんが、心から森を愛し、自然や動物を愛し、人を愛し、地球規模の大きな愛をもって活動されているということが、言葉の全てから感じられました。

~オークビレッジの森をどうぞご一緒に~
間伐した森の中に生えるクロモジ
c0157323_2321413.jpg

ホウの木のこども 立派な葉っぱをしていますね
c0157323_232565.jpg

二つに分かれても仲良く育つ
c0157323_23293740.jpg

あさの森の雫
c0157323_23305146.jpg

アリさんも早起き
c0157323_23333991.jpg

朝陽があたり始めた森の道
c0157323_23355841.jpg

~蒸留所~
c0157323_2340128.jpg

精油が抽出される瞬間
c0157323_23413814.jpg


稲森さんは「森の惑星」をはじめ、沢山の著書を書いていらっしゃいます。
お会いすると決まったときに、稲森さんが書かれた本を何冊も買い、「森を創る 森と語る」だけは何とか読み終え、「森の大切さ」「森を守っていく意味」などなど、沢山のことを考えさせられました。

この本は、どれもとても興味深く、もっともっと知りたくなること
が書かれているのですが、ひとつだけご紹介すると「パートナー」というテーマで書かれていたところです。
・・・熱帯雨林の研究から超過密になった人類が、この地球上に生き延びるヒントが見えてきた。それは「共生進化」という概念だ。超過密な状態では生物は、「競争進化」するのではなく、パートナーを見つけてお互いに協力しあいながら、それぞれが、立派に個性を貫いている。そして、代を重ねるごとに体の機能や体形まで変えて進化する・・・「共生進化」という言葉聞いて、まさに今必要な言葉!だと思いました。
この本を買うだけで熱帯雨林の保護と支援に売り上げの一部を当ているそうです。皆様にぜひに読んでいただきたい本ですね。

稲本代表様、金子様、北川様、他の会社の方々も本当に真っ直ぐで、高山の自然の中で、大きな志と誇りをもってお仕事をされていることが伝わって来ました。私たちは高山の自然に癒され、また、皆様から沢山の元気をいただきました。ありがとうございました。
by aromaspacenico | 2010-08-01 23:54 |

何気ない日常の中に沢山の輝きを見つけて