ブログトップ | ログイン

アロマセラピストがつづる日常のできごと~ほっと一息~

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

山形への旅 クラゲの水族館

日本で唯一のクラゲの水族館の鶴岡市立加茂水族館に行ってきました。
以前、テレビで見たことがあり、非常に興味をそそられていたところ、行く機会に恵まれました。

クラゲという原始的な生き物は一説によると6億年も昔から、今の姿とほとんど変わらずに生き続けてきたいわれますが、余分なものを全て省いて単純化されたクラゲの美しさは、本当に素晴らしいものです。

クラゲの大きなものは、少し怖い感じがしましたが、クラゲの赤ちゃんや、様々な形や色を持つクラゲが、水槽を優雅にふわふわ泳姿ぐには、本当に癒されました。

ミズクラゲ
c0157323_231972.jpg

ウリクラゲ
c0157323_2325831.jpg

カブトクラゲ
c0157323_2341735.jpg

ビーカーの中のクラゲの赤ちゃん
c0157323_2355952.jpg

ハナガサクラゲ(パンフレットより)
c0157323_238945.jpg


「今からクラゲの餌付けを行ないます。」というアナウンスにミズクラゲの水槽の前に立ちました。
そのときの飼育員の方の声が響きます。

[クラゲの餌付けは見ていてもすぐには分かりません。
それは、クラゲは自分では食べたいといって泳いで行かないからです。
ただ、海の流れに沿って動いているだけです。
蝕手にひっかかっものだけを食べます。
口と肛門はひとつで、食べるときと排泄するとき以外は閉じています。
心臓がないのでふわふわと体を動かしていることが呼吸と同じです。
毒はありますが、触れたものだけをさすので、さされた人はたまたま運が悪かったと思ってくださいね」

う~ん!クラゲの生き方は哲学的だと思い、妙に感動してしまいました。

水産学博士 上野 俊士郎博士は次のように述べています。
「クラゲは不思議な魅了を持つ生き物です。透明で柔らかく、存在感の薄い体、どこに向かって泳いでいるのか、はっきりしない行動、それでいてしたたかに生きています。クラゲは弱々しいいきものではない。人類よりはるかにたくましい生き物のようです」
by aromaspacenico | 2010-07-17 23:17 |

 山形への旅 羽黒山

仕事関係で山形に行ってきました。
今回は「癒し」をテーマに何箇所か案内していただきました。

羽黒山。
前から一度は訪れてみたい場所で、パワースポットしても有名なところ。

羽黒山は、出羽三山(羽黒山・湯殿山・月山)のひとつで、全国有数の修験の山として知られています。
その中で羽黒山(標高414m)には、三山の神を合祭した出羽神社の社殿・三山合祭殿が山頂にあります。参道には国宝五重塔があり、2446段の石段と杉並木が続き、神聖な雰囲気を漂わせています。

運動をまったくしていない(5年前に屋久島の縄文杉に会いに行って以来)人間の私が2446段を登りきれるか心配でしたが、ヒーフー言いながら、続く階段をなるべく見ないように、美しい杉並木にエネルギーをいただきながら、まずは半分の距離のところにある茶屋を目指して登りました。

ヒーフー言っているのですが、呼吸が深くできて、沢山のきれいな空気が胸にいっぱい入ってくるような感じがしました。本当にクリーンで気持ちが良い場所です。

国宝の五重塔

c0157323_1635528.jpg


石の階段は果てしなく続くように・・・美しい杉並木癒されて

c0157323_1629155.jpg


大きな葉っぱの天井

c0157323_16402585.jpg


茶屋で休憩を取り、いざ!残りの階段を。いちにい。いちにい。一歩一歩踏みしめます。
思ったよりも短い距離に感じて、ゴールイン。

夕方5時近かったので人気も少なく、出羽神社は静けさの中に尊厳な雰囲気でたたずんでいました。
山頂に届く長い石の階段も神社も人々の信仰の深さを物語っていました。

c0157323_16575863.jpg
c0157323_16581683.jpg


お参りをして、今度は落ちないように階段を慎重に降りながら(降りるほうが苦手です)、ひざががくがく。

がくがくしながらも無事に下山。これでは、明日はものすごい筋肉痛になるのではと思いきや・・・翌日はなんともないのです!!!同行した人が皆そうでした。やっぱり沢山のパワーをいただいたのだと確信しました。
by aromaspacenico | 2010-07-17 17:02 |

NICOデイ

7月2日~4日まで、Aroma Space Nicoで修了生の集い「NICOデイ」が開催されました。

現インストラクター資格対応講座に、パーソナルカラーの講師の方がいましたのでお願いして、パーソナルカラー講座を開講してもらいました。

色の世界も奥深く、色相、明度、彩度など、一定の法則があることが分かりました。自分が似合うと思っていた色より、もって似合う色があったり、色を変えるだけで、その人印象や雰囲気が本当にかわります!!!
自分に似合う色を見つけることで、沢山のHAPPYがやってきそうです。

沢山の色見本。見ているだけでも楽しい。
c0157323_0332822.jpg


アロマインストラクターになられた方による「日焼け止めクリーム作り」。敏感肌の方にも使えて、肌のケアにもなる優れものです。受講生の中にはお子様連れ方もいて、お昼寝タイムと重なり、よい子はママが手作り終わるまでは、ぐっすり夢の世界へ。

ぐっすりお姫様とフレブルそらのお休みタイム
c0157323_0383593.jpg

c0157323_0392019.jpg


アニマルホリスティックケアセラピストになられた方の発表は、アメリカのペットのためのホリスティツク療法の学会に参加されたご報告でした。病気のワンちゃんのために自分たちに何かできることはないかという強い想いが、普通は獣医や医療関係者しか入れない学会に参加する道を開き、ホメオパシー、フラワーレメディ、エネルギー療法、鍼灸、ジョモセラピーなど貴重なお話を聞いてこられました。大変興味深い内容でした。
アメリカでも、まだまだ研究されていて、皆さんとても熱心に学ばれていたそうです。

日本でもペットのホリスティツクケアの広がりはまだまだですが、ごく一部の方々の専門性が益々増す一方で、レスキューされるワンちゃんがあとを絶ちません。ですが、私が関わっている「ホリスティツクケア・カウンセラー講座」の受講生は5,000人を超えたそうです。少しづつですが、着実にペットへのホリスティツクケアを学ぶ方が増えてきています。もちろん、人間のほうも心と体の両方のバランスをとることが健康であるという考え方、この二つのバランスをとることを大切に感じる方が増えています。

NICOデイは年に2回ぐらい開催していますが、皆様にお元気で再会できることへの感謝。そして、近況をお聞きして、ご活躍のご様子をお聞きすることの喜び。Aroma Space Nicoで学ばれた方が自分自身を癒しながら、沢山の人や家族の一員であるペットたちのためにのお役に立たれることを願ってやみません。一歩づつ、夢に向かって歩んでいきましょう。
by aromaspacenico | 2010-07-07 01:09 | 講座・イベント

何気ない日常の中に沢山の輝きを見つけて