ブログトップ | ログイン

アロマセラピストがつづる日常のできごと~ほっと一息~

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アイスプラント

茅ヶ崎の寒川にJAさがみのやっているファーマーズマーケット「わいわい市」で、新鮮な野菜や珍しい食材が手に入ると聞き、出かけて行きました。
遠方からも人が訪れると聞いていましたが、平日にもかかわらず結構な人手でした。
c0157323_17185612.jpg


広い店内には、沢山の種類の野菜が並び、生産者の名前がそれぞれの作物についていました。
例えば、田中さんのトマト、石井さんのトマトというように、いろいろな種類のトマトが並んでいます。
生産者の想いや顔が作物から感じられ、心をこめて作られたことが分かる野菜の市場なんです。

c0157323_17193892.jpg


見たことがない野菜もところどころにあり、見ているだけでも楽しくなります。
そこで「アイスプラント」という野菜に初めて出会いました。
葉の表面に透明の粒々があり、ちょうど凍らせたように氷の粒が葉の表面についているような感じです。
なんとも不思議な姿に、どうやって食べるのかなと思いつつ、食べ方も親切に掲示してあったので迷わず買いました。
c0157323_1722120.jpg

c0157323_17225861.jpg


その日の夜の食卓に、わいわい市で買ったトマトと一緒にサラダとして登場。
いつものようにオリーブオイルとバルサミコ酢をかける前に食してみました。
すると!?しゃきしゃきした感触。何もつけていないの、塩味がするのです!
う~ん。これはいける!なかなか美味しいものでした。八百屋さんで見かけたら、ぜひぜひご試食を。

植物としてのアイスプラント
アイスプラント(学名:Mesembryanthemum crystallinum)はハマミズナ科メセンブリアンテマ属の植物。名前の由来は表皮に塩を隔離するための細胞があるため葉の表面が凍ったように見えることから。ヨーロッパ、西アジア、アフリカ原産。

乾燥に耐えるとともに、耐塩性が高い塩生植物の一つであり、海水と同程度の塩化ナトリウム水溶液中でも水耕栽培が可能である。さらに、生活環が半年程度と比較的短く、栽培も容易なため、植物の耐塩性研究におけるモデル生物と考えられ、学術的な注目も集まっている。

非常に特徴的なことに、乾燥や塩ストレスを与えないと一般的な光合成経路であるC3光合成を行い、乾燥/塩ストレスを与えるとCAM型光合成へ移行することができる。また、表皮には塩嚢細胞(ブラッダー細胞、英語:Bladder Cell)と呼ばれる体内に侵入した塩類を隔離するための細胞が発達する。大きさは2ミリ前後に達し、透明でキラキラと輝くため、種名のクリスタリナムの由来となっている。(ウィキペディアより)
by aromaspacenico | 2010-06-28 17:33

Nicoブランド、湘南オーガニックモールecomoで販売開始

やっと、やっと、夢にみていた第一歩が始まりました。
NICOブランド商品が、湘南オーガニックモールecomoで販売を開始しました。

神奈川県藤沢市のecomoは、LOHASな作り手の熱い想いが伝わってくる商品が勢ぞろいしたお店です。ただ販売しているというだけでなく、LOHASな暮らしを、「ものずくりから、地域・社会とのつながり」を考えたり、「もっと楽しく、もっとエコに」とお客様に様々の提案しています。自然の素材で作られ店内は、本当に居心地のよい空間です。

海外、日本のこだわりのスキンケア用品、食材、フェアートレードの雑貨など、時間を忘れて、ついぶらぶらしてしまいます。お店に置く商品は必ずスタッフが、何度も何度も試してから店頭に置かれます。そのecomoにNICOブランドのシャンプーとブラッシングローションが置かれることになりました。お世話になっている方々、ご愛用いただいている皆様のおかげです。ぜひぜひ、お時間のあるときにecomoへお出かけください。探している何かがきっと見つかるはずです。

ecomoです。
c0157323_1334951.jpg

店内に並んだNICOブランド ペットと人の売り場の両方においてあります。
c0157323_135134.jpg

c0157323_138877.jpg


NICOブランドストーリー
①安心、安全、スキンケアに優れ、人もペットも癒されるような商品
②「自然や植物の優しさとパワーを感じていただけるような商品
③どこまでも誠実で、本物であり続ける商品
という願いを持って誕生した、「NICOシャンプーオ^ガニックス
NICOブラッシングローションオーガニックネロリ」。

はじめは我が家のフレブルたちのように肌の弱いワンちゃんのためによいシャンプーがなかったので、それじゃ作ろう!という意気込みで、アロマの専門家として様々の提案をし、OEMの会社の方ととことん話し合い、試作を何度も繰り返し、モニター様のご意見やご感想も参考に開発していきました。


敏感肌のワンちゃん達へのシャンプーを本気で開発することは、結局、人間用の高級シャンプーを作ることと同じだったのです。なぜなら、ワンちゃんたちのほうが人間より肌がずっと敏感だからです。オーーガニックのよい芳香蒸留水を得ること、信頼のあるOEMの会社を探すこと、納得のいく商品となるまでは、なかなか難しいことでしたが、ご縁がご縁を結び、よき出会いの中でNICOシャンプーは生まれました。

ブラッシングローションが来た日
c0157323_153587.jpg


NICOシャンプーを発売して2年目に、「もっと香りを楽しみたい」「よいブラッシングローションがない」と言うご要望に答えて、NICOブラッシングローションオーガニックネロリを発売しました。ネロリの優美な香りは、時代を超えて愛されてきた香りです。こちらも化粧品で、人もペットも香りで癒されながら、スキンケア、ヘアケアにご利用いただいています。人へは保湿効果の高い化粧水として、わんちゃんたちもこの香りが大好きという飼い主様が多いです。「喜び」や「感謝」の声をいただくたびに、NICOブランドを立ち上げて、本当によかったと感じています。いつもありがとうございます。これからも、初心を忘れずに頑張っていきたいと思います。
by aromaspacenico | 2010-06-23 01:57

夕暮れ時

友人を羽田まで、送っていった帰り道。
ベイブリッジを越えるころ、お日様は今日の仕事を終えて、西にお隠れになる。

ベイブリッジを見上げて
c0157323_1723999.jpg

都会の夜が迫ってくる
c0157323_17103752.jpg

c0157323_1775650.jpg

c0157323_1754389.jpg

by aromaspacenico | 2010-06-17 17:14

鎌倉花だより  竹の庭 紫陽花

6月の始めに、鎌倉へ行ってきました。
まだ紫陽花には早かったのですが、遠方から来た友人のためにプランニングをして出かけました。

この時期、一番のお勧めは報国寺。報国寺は、建武元年(1334)に、足利家時が開基したと伝えられる臨済宗のお寺です。美しい竹の庭で有名です。

報国寺の門前
c0157323_12581763.jpg


緑の美しいころの孟宗竹の庭は言葉もないくらい美しく、潔く、力強く、天に向かって真っ直ぐ立っています。

竹の庭
c0157323_13261331.jpg

c0157323_13285859.jpg

庭の端には抹茶をいただけるところがあり、日常のことを忘れ、竹のお庭を見ながら、しばし静寂の中で心を休めることができました。

お抹茶 
c0157323_1351795.jpg

石の庭
c0157323_13302946.jpg


紫陽花を楽しんだ後は、北鎌倉の古陶美術館。鎌倉時代を中心とする中世の陶器を主に展示していて、焼き物を通して生活文化を知ることができます。

美術館の中。古い民家をそのまま改造していて、ゆったりした時間が流れている。
c0157323_149252.jpg



美術館を一周するお庭には、数多くの紫陽花が咲いていました。紫陽花はまだ早いと思っていた私は本当に嬉しかったです。ご一緒に楽しんでくださいね。

c0157323_13524362.jpg

c0157323_13544221.jpg

c0157323_13552798.jpg

c0157323_1356694.jpg

c0157323_13571460.jpg

by aromaspacenico | 2010-06-17 13:05 |

何気ない日常の中に沢山の輝きを見つけて