ブログトップ | ログイン

アロマセラピストがつづる日常のできごと~ほっと一息~

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ペットのためのホリスティックマッサージ&アロマ1day講座

3月18日(金)、Aroma Space Nicoでペットのために癒しのホリスティツクマッサージ講座が行われました。今日、参加してくださったのは10ヶ月のボストンテリアのAbbyちゃんとママです。

小さいときから、しつけ教室に通われているAbbyちゃんは、まだ10ヶ月という年齢ですが、時々お部屋の中を探検しながら、とても静かに一緒に勉強しました。

Abbyちゃんのママは私と同じ関西出身で、穏やかな関西弁を交えながらで講座は進みました。いつもよりさらにリラックス。
とても素敵な時間を共有させていただきありがとうございました。
この講座自体が「癒し」の時間になることが、とても嬉しいです。

この講座は、よりリラックスをお互いにするために、心をいつもHAPPYにしておくための大切なことについて、そしてその後に、マッサージの全体の手技を愛犬とともに楽しみながら勉強します。

Abbyちゃんのママからは、次のようなコメントをいただきました。
「マッサージしてあげたかったけれど、やり方がわからなかったので、今日教えていただいて、やり方が分かったので、これからはいろいろやって上げられるので嬉しいです。芳香蒸留水で作ったアロマミストはとてもいい香りで、早速使ってみます。簡単に作れたのでびっくりしました」

ブログに書かれたお写真もいただきました。
c0157323_2042390.jpg

まずはお目目がとろ~んとしてきました。
c0157323_20433870.jpg

お次はリラックスポーズ
c0157323_20442627.jpg

「あ~そこ気持ちいい」
c0157323_20461963.jpg

リラックス~!!!

これからも、マッサージを楽しみながら素敵な癒しの時間を共有してくださいね。
Abbyちゃん、元気ですくすく大きくなってください。
ご参加いただきありがとうございました。
by aromaspacenico | 2010-03-29 21:04 | 講座・イベント

最後の別れにできること

1ヶ月ほど前にアニマルホリスティックケアセラピスト養成講座の卒業生の方からメールをいただきました。
その方は大型犬のレスキュー活動をされている方で、ご自分も大型犬を飼いながら、たくさんのワンちゃんたちのレスキューに関わられ、最後のお見送りを何度も経験された方でした。

ご相談の内容は、レスキューされて今お預かりされているラブのジーニーちゃんのことでした。後半年すると14歳になると言う高齢で、クッシング症候群を発症していて、糖尿病もあり、脳下垂体に腫瘍が出来て発作があり、獣医師からは余命は1ヶ月から6ヶ月と宣告されたそうです。

オムツがずれてしまうのでオムツができず、多量の水分を取りそのあとで多量のおしっこをするので、1日そのシートの交換している状況。始終発作を起こすので、発作止めのための獣医さんからいただいたお薬を日2度飲ませているそうです。ただそのお薬を飲むと、生きていることが弱々しく感じるくらい精気がなくなってしまいうので、「QOLを少しでもあげてあげることが願いです。いろんな方の知識をお借りしてこの仔が少しでも苦しまずにまっとうできますように」と、学んだホリスティツクなケアの中で、ホメオパシーのアドバイスを受けたいと言うことでした。

私はすぐに、こちらでホメオパシーの講師をしていただいている坂内先生に連絡をとり、ホメオパシーの専門的知識をもつ獣医師の友人に問い合わせたりして、ホメオパシーのアドバイスをしてもらい、私自身も気持ちが少しでも楽になるようなフラワーレメディをすぐにチョイスしてお送りました。

2週間ぐらいした後、また、彼女からメールをいただきました。

おはようございます。
いろいろご相談させて戴きました13歳ラブのジーニーですが今朝1:30虹の橋を渡りました。ホメオパシーと送って戴いたレメディーとに切り替えてから発作も一度も無く今朝も苦しまずに眠るような最期でした。。。
いろいろとありがとうございました。
私が望んでいたターミナルケアが十分とはいえないかも知れませんが出来たと思いま
す。最期まで意識もしっかりと有り静かに受け入れていたように感じます。
ホリスティックを学んで本当に良かったと思いました。心から感謝しています。
というお便りでした。

このメールを受け取り、悲しみと涙ががこみ上げてきましたが、最後まで、尊厳を持って立派に生き抜きいたジーニーちゃんと、それを支えたHさんの大きな愛と慈しみの気持ちに対しては心から敬意の気持を表したいと思いました。


「生きているものにとって別れは避けられないこと」としても、見送る側としては、とてもつらくて悲しいことですが、ホリステイックなケアの力をかりて、大きな愛をもって見送ることができたことで、自分の納得のいく「別れ」を迎えることは、「別れ」をしっかり受けとめられる手助けになると思います。

ジーニーちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。
by aromaspacenico | 2010-03-25 01:27 | ペットホリスティックケア

社】日本アロマ環境協会「アロマフェスタ2010」に参加

2月28日(日)、国際フォーラムで行われて「アロマフェスタ2010」に法人会員として参加してきました。
朝6時半にキャリーバックをガラガラ引きながら、いざ出陣!
3度目の出店でしたが、いつも家を出るときは身が引き締まります。
(こういう気持ちが大好きなんです)

「アロマフェスタ2010」は1年に1回の、会員様への感謝セール。毎回、興味深いセミナーも開催されます。
会場では各社飛び切りのお買い得商品を用意しているので、1日だけのイベントとしては、2700名ほどの人が集まるという人気のイベントです。

8時前に会場に到着。10:30の開場までに準備を整えます。
あらかじめ送っていた荷物を開けて、ああでもない、こうでもないと商品を出しながら、買いやすさ、お客様の流れなどなどを考えながらデイスプレイし、商品が溢れてごちゃごちゃになった状態が何とか形になり、10時を過ぎるころ、悪天候にも関わらず入り口には順番を待つ人々が並び始めました。

朝礼が終わり、開場!
バーゲン開場さながらに、目的のお店目指して人の流れがどど~とやってきました。
いつもその流れが落ち着いて、ひとしきりしたころにAroma Space Nicoにもお客様が見えるのですが、今年はあっという間に人、人、人で会場は大賑わい。Aroma Space Nicoも早々てんてこまいになってしまいました。「バッチフラワーレメディはこちらです!」「井上重治先生の和のハーブウォーターはこちらです!」「NICOシャンプーは・・・・!」とスイッチが入ったら止められない私。講師活動のときとは違う楽しさを感じながら、お客様に対応します。「今、こうなんですが、どのフラワーレメディがいいでしょうか?」「家のワンちゃんは○○なんですが、どんなレメディがいいでしょうか?」「ヘンプオイルは何がいいんですか?」「NICOシャンプーの説明してください」「アルガンオイル?特徴は?」・・・

c0157323_0132352.jpg

賑わう会場


いつも人気なのはホリスティツクケアに親しんでいただくためのフラワーレメディカウンセリング、いつも予約でいっぱいになります。そして、今回力を入れたのが芳香蒸留水。クレイテラピーの代一人者の前原ドミニック先生のAromaFranceのオーガニック蒸留水。薬学博士井上重治先生が作られた貴重な和のハーブウォーター(フジバカマ、クロモジ)を持っていきました。

芳香蒸留水というのは、精油を水蒸気蒸留法で抽出するときにできる、芳香のある植物の生命エネルギーを閉じこめた天然の芳香水のことです。精油は濃縮されたものなので、禁忌事項がありますが、芳香蒸留水は穏やかに心と体のバランスをとります。スキンケア、ヘアケアにはとても役立ちます。その素晴らしさに魅せられて、開発したのが実はNICOシャンプーだったのです。発売以来、肌の弱いワンちゃんたち、そして、敏感肌でお困りのヒトにも大変喜ばれています。

Aroma Space Nicoの教室の生徒さんたちが訪ねてくれたり、遠方からわざわざ訪ねてきてくださった方もいて、本当に嬉しい出会いが沢山ありました。ただ、忙しく対応していたので、お話しできなかった方もいらっしゃったことはとても残念でした。

協会の会員でない方も、会員と一緒だったら(一人につき3名まで)入場できますから、お友達で会員の方を探してみてくださいね。また、来年もお会いできることを楽しみにしています。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
by aromaspacenico | 2010-03-23 00:20 | 講座・イベント

何気ない日常の中に沢山の輝きを見つけて