ブログトップ | ログイン

アロマセラピストがつづる日常のできごと~ほっと一息~

<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

南アフリカ ケープタウンの旅

2008年12月25日から31日まで、息子の結婚式があり、2008年2度目のアフリカへ。今度はケープタウンへの旅でした。アフリカへ行くことはもうないと思っていましたが、2008年は子供の頃からの夢だったアフリカへの旅が2度も実現した年でした。人生山あれば谷あり、いくつもの山を越えてきましたが、あきらめずに何かをやり続けていれば、年齢に関係なくいくつになっても夢が叶う時があるのだと心から感謝させていただいた旅でした。

ケープタウンはアフリカの中でヨーロッパの方々がたびたび訪れるきれいな町でした。私は6月にサバイバルなマダガスカルへの旅行をしていたので、「え~これがアフリカ!!!」美しい町並み。手入れの行き届いた木々や花々の植わったヨーロッパ風の町並み。緑豊かなワインのためのブドウ畑。いたるところにある噴水などなど。あまりにも違うので、かなりのカルチャーショックを受けてしまいました。

今回は思い出すポイント・ポイントをご紹介しようと思います。

アフリカ大陸の最南端ケープポイントへ行った時、ペンギンのいる海岸を見学しました。
海岸に普通に住んでいるケープペンギン達。木でできたウォーキングロードを行くと、手の届きそうなところにいるはいるは、ペンギン達の群れ!!!
少し先の海岸には人間の海水浴場があります。
c0157323_1919283.jpg


「わー!ペンギン!」その可愛らしさにうっとり。
よくよく見ると皆自由な動きをしています。
背中をお日様にあてて、お昼寝中のペンギン。
仲良く寄り添って私達を観察ている(!?)カップル。
c0157323_1918624.jpg

わざわざ人間の近くまで寄ってきて、またむこうへ行くペンギン。
こうなってくると、人間がペンギンを観察しているのか、ペンギンが人間を観察しているのか、
どちらが観察しているのか分からなくなってくる!?

海岸の砂を器用に羽で、砂煙を上げながら、ほりほりしているペンギン。
(へ~。羽で砂をほれるんだ)
岩に寝転がって、至福の眠りに入っているペンギン。
(かわってほしい~)

どの子もどの子も可愛らしくて、見ているだけで癒されてしまう「癒しのエネルギー」がありました。
私はここで「ペンギンセラピー」を考案。
「今日は何もしな~い1日。ペンギンの日。海に背中を向けて一日お日様の中でまどろむ」
そんなことを日本に帰って伝えたいね~と話をしていました。
c0157323_19412021.jpg

ここが喜望峰です。右が大西洋。左がインド洋。感慨深く眺めました。
by aromaspacenico | 2009-03-17 19:42 |

何気ない日常の中に沢山の輝きを見つけて