ブログトップ | ログイン

アロマセラピストがつづる日常のできごと~ほっと一息~

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

マダガスカルの旅 no.2 ~タイからマダガスカルヘ~

タイを飛び立った後、飛行機は順調にマダガスカルへ向かいます。飛び立ってすぐ機内食の朝ご飯を食べ、すぐに機内は暗くされ(昨夜、乗客はほとんど寝ていませんでした)、睡眠モードに。半分を過ぎた頃、窓も開けられ、乗客たちが少し活気づいてきました。窓の外はインド洋。青い空と海の世界。雲がいろいろな表情を見せて楽しませてくれます。長い飛行時間をすごした後レユニオンに着陸。1時間ほど待ち時間を過ごし、タイを出て11時間後に待望のマダガスカルのイヴァトゥ国際空港へ到着しました。日本を出てから約26時間後のことでした。(日本とマダガスカルの時差は6時間です)
 
感動と共にタラップをおりて飛行機の記念写真を撮ろうとしたところ『ノン!』と叫ばれてしまいました。(ここマダガスカルの言語は公用語のフランス語とマダガスカル語が使われています)後で聞いたところによると、経済的、社会的不満から一挙に反政府の動きに発展する可能性もあり、空港とアメリカ大使館の周りで写真を撮ってはいけないことになっているらしく、かなり厳しい規制がひかれていました。ここは日本でないのだと、空港に降り立ったとたん感じさせられました。
 
出国手続きを済ましロビーに出るとドミニック先生が日本から連絡を取っていたボヒマナ(Vohimana)自然保護区を管理するNGO団体MATE(L'Homme et l'Environnement)のスタッフが迎えにきてくれていました。マイクロバスの荷台に荷物を積み上げ、アンタナナリボからボヒマナ保護地区に向かいます。車で4・5時間の距離だそうです。車は皆を乗せて出発!これからこの旅はどのように進んでいくのか、ボヒマナはどんなところなのか、未知の世界を目指して車は空港を後にしました。
 
雲の芸術
c0157323_2022343.jpg


イヴァトゥ国際空港 マダガスカル航空の飛行機
c0157323_2031996.jpg


荷物を積み上げボヒマナ保護地区へ
c0157323_2047944.jpg

by aromaspacenico | 2008-06-29 20:59 |

マダガスカルの旅 no.1 バンコクの長い夜~

ただいま~
24日に無事帰国いたしました。

マダガスカルの保護区では沢山の植物や動物達出会いました。
思った以上にサバイバルで、雨が続き寒いくらいでしたが、植林活動を行ったり、現地の小学校や保育園を訪問したりしてきました。
貧しくてかなり衛生状態の悪いところに住んでいる子供達の目は、環境にもかかわらずとてもきれいで輝いていました。

都市部では排気ガスがひどく、貧富の差が顕著に現れていて心が痛くなる場面が多々ありました。保護地区と都市部のギャップにはこの国の将来と地球の未来をあわせて考えてしまいました。全く知らない世界で貴重な体験をさせていただいた思い出深い旅でした。
ドミニック先生をはじめお世話になった方々ありがとうございました。
留守を守ってくれた家族にも感謝です。
それでは、少しづつマダガスカルの旅を書いていきますので、ご一緒に楽しんでいただければ幸いです。

マダガスカルの旅 no.1
~バンコクの長い夜~
マダガスカルへは直行便がないため、バンコクまで行って、バンコクからマダガスカル(週2便)の首都アンタナナリヴへ。日本からバンコクまで約6時間30分、バンコクからアンタナナリヴまで約10時間30分、合計約17時間の道のりの予定でした・・・!?

前日3時間の睡眠にもかかわらず、成田を元気に出発。成田からは2名でタイ航空の飛行機で出発。バンコクでドミニック先生率いる7名と合流し、9名でマダガスカル航空に乗り込む予定。「同じ飛行機に乗るのだから、必ず合えるよね」という言葉を信じて、みんなの笑顔を想像しながら、バンコクに到着。片言の英語で、マダガスカル航空の場所を聞き、意気揚々と広い空港を目的の場所に向かう。

すぐに搭乗ゲートに入るが、場所が違うことに気がつき、出たり入ったりすること4回。やっと目的のゲートに行ったものの、現地時間午前1時10分発のマダガスカル行きの飛行機が搭乗30分前になっても掲示に現れない・・・どうして、どうして・・・そして、出会うはずになっていたドミニック先生ご一行にも出会えない。顔面蒼白状態。おそらく泣きそうな顔をしていたのだろう、空港の人が乗るべき飛行機は到着が遅れ、午前6時出発になったということを私達に理解させてくれた。あ~もっと語学を勉強しておくのだったと思っても既に遅し。

ミール券をいただき、お茶を飲みながら徹夜で出発を待つことに。いろいろハプニングがあったものの、何とか先生ご一行にも出会うことができ、日本を離れて15時間後にバンコクを出発!!!いよいよマダガスカルへ向かいます!!!

疲れも吹っ飛んだ~美しい空~
c0157323_0553933.jpg


翼の下に見ますのは、マダガスカルヘ行く途中経由したインド洋の島、レユニオン~精油のゼラニウムの産地でしたね~ 
c0157323_0574263.jpg

by aromaspacenico | 2008-06-28 01:04 |

マダガスカルへ旅

来週月曜日にマダガスカルへ旅立ちます。

え~なんで!と皆様の声が聞こえてきそうですね。
私もなんで~!と自分でもサプライズですが・・・人生の波に乗っていたら、とうとうマダガスカルまで行くことになってしまいました。

今回の旅行は私のクレイテラピーの先生、ドミニック先生が企画された仲間達との研修旅行です。

普通の旅行ではなく、かなりサバイバルになりそうな!?
トレッキングシューズや携帯浄水器や寝る時に頭にかぶる虫除けネット(?)、環境を汚さないために持ち物にも気をつけて準備をしています。

イランイランやラバンサラなどの精油工場の見学に行ったり、
4日間は保護地区に入り、夜のジャングルにキツネザルを見に行ったり、植林活動などもしてくる予定です。

マダガスカルは「島大陸」と表現されるように、単に世界で4番目に大きな島(日本の1.6倍)というだけでなく、マダガスカル固有の動植物が多く、現在生き残っている生物も古代からの面影をとどめた古いタイプのものが多く、海で隔てられた「島」というだけでは説明のつかない、自然界の不思議がいっぱい詰まった島だそうです。

このような機会をいただいたことに感謝して、皆様にお伝えできるように心と体で感じてきま~す。 写真の説明
バオバオの木
c0157323_0201817.jpg

保護地区の受付
c0157323_0204718.jpg

保護地区のレストラン
c0157323_0232052.jpg

by aromaspacenico | 2008-06-10 00:20 |

何気ない日常の中に沢山の輝きを見つけて