ブログトップ | ログイン

アロマセラピストがつづる日常のできごと~ほっと一息~

カテゴリ:アロマ( 3 )

クロモジ(黒文字)ハーブウォーターがデビューしました。

もう、何年前になるでしょうか。5年ぐらい前に素晴らしいオーガニックの芳香蒸留水に魅せられてから、講座やセミナーなどでハーブウォーターをご紹介してきました。

ハーブウォーター(芳香蒸留水)は、精油を抽出する水蒸気蒸留の過程で生まれる芳香水です。精油は植物のどの部分にも含まれるわけではなく、植物によって含まれる部分が違います。クロモジは葉と枝から抽出されます。蒸気をあてることにより、精油成分と水蒸気が一緒になって気体となり、冷却水で冷やされ、液体に戻ります。液体に戻ったときに、精油は水よりも軽いので上に浮かび、その下にある芳香水がハーブウォーター(芳香蒸留水)となります。ヨーロッパで蒸留をしている職人の間では、「精油は植物の力、芳香蒸留水は植物の魂」という言葉があるくらい、ハーブウォーターは、もともとその植物が持っていた水がハーブウォーターとしてそこに現れたもので、生命エネルギーに満ちたものであると言われています。

精油が抽出される瞬間。感動の瞬間。
c0157323_22165435.jpg


2009、秋に秩父を訪れ、クロモジの蒸留をこの目で見たときの感動は今も忘れられません。ハーブウォーターの世界的権威井上重治先生との出会い、秩父ハーブ研究開発の黒澤さんとの出会いが、このクロモジウォーターの誕生に繋がりました。

クロモジの花
c0157323_2171530.jpg


その次の年の春にもう一度、秩父の森を訪ねました。ちょうど、春を迎えたばかりの山々は、あちらこちらで新緑を迎え、その緑が山々の植物によって違うらしく、新緑のパッチワークといいたくなるような光景が広がっていました。見ているだけで、心が和む美しい景色でした。

その森も奥の大きな木々の間にクロモジは生育していました。間伐のために伐採されるので、森を守るためにも役立ち、森を守ることは水資源を守ることにもつながり、沢山のメリットがあります。日本の森から生まれる精油、ハーブウォーターは、環境問題を考える上でも、とても大切な事業になるのではと思います。

c0157323_22135365.jpg


クロモジは古くは、伊豆で作られていました。戦争が始まって西洋から精油が輸入されなくなったときに、ローズウッドに似た芳香を持つクロモジの精油は香水原料として、多く抽出されていたそうです。また、民間療法では、根皮を布袋に入れて入浴したり、樹皮の煎じ液を患部につけると、あせも、虫刺され、皮膚病が治ったり、ハーブウォーターを入浴時に入れると、風邪を引かず、水虫にもならないといわれてきました。よく知られているのは、クロモジはその芳香ゆえ茶会でだされる和菓子の爪楊枝や茶花として用いられてきました。

今回発売したNICOハーブウォーターは、添加物なしの100%天然のハーブウォーターです。クロモジの香りを体感された方は、「なんだか懐かしい」「あつ、これこれなんだか知ってる!」という方が多いです。「日本人の遺伝子レベルに組み込まれた香り」そんな気がします。
森の中で深い呼吸をしたときのようなそんな気持ちになる香りです。

森の香りに包まれて
懐かしさが心をくすぐる

小鳥のさえずり
湿った土の香り
せせらぎの音
木々の間から漏れる光
共生する緑の仲間たち

懐かしさの中で心を和ます
緑の香り

好きな香りは人をリラックスへと導きます。クロモジの深い森の香りがお気に召すとよろしいですね。
by aromaspacenico | 2011-03-08 20:59 | アロマ

アロマの勉強に仕方、資格について

アロマの勉強に関するご質問が多いので今日はまとめて見ました。
これから学んでみようと思われている方、参考にしてくださいね。

香りが大好きで勉強したいのですが、団体がいろいろあり資格についても分かりません。どのようにはじめればいいですか?

アロマテラピーの団体はいくつかありますが、Aroma Space Nicoは社)日本アロマ環境協会の認定校ですので、この協会での資格取得についてお話をさせていただきます。

社)日本アロマ環境協会は全国27都市で「アロマテラピー検定」をおこなっている団体です。5月と11月に検定試験が実施されます。
試験の内容は、アロマテラピー検定用テキスト(1級、2級)の2冊が範囲です。

試験を受験するしないに関わらず、検定テキストはとてもよくまとまっています。
内容は、アロマテラピーの30種の精油や利用法などの基礎知識から、健康について(運動、休養、栄養)、アロマテラピーの歴史、環境問題、アロマテラピーの関連法規などです。

こちらの受講生の方からは、テキストの幅広い内容が、精油のことだけを学ぶだけでなく、新しい視点で自分の健康や暮らしを考えることに役立ってよかったという感想をいただいています。

勉強されて検定に合格されますと、アロマテラピー検定1級とか、2級という認定になるのですが、そのまま置いておいても、例えば、そろばん1級というものと同じように勉強した証となります。

そこから、それをベースにプロ資格にする方は、協会の会員になる必要があります。
独学で勉強されて検定1級に合格された方は、協会の会員になって、
アロマテラピーアドバイサー講習会に参加されると、アロマテラピーアドバイサーの資格が取得で来ます。

社)日本アロマ環境協会の認定教室や認定校のアロマテラピーアドバイサー資格対応講座で学ばれた方は、1級合格と同時に、スクールから講習会の免除申請書が出されて、アロマテラピーアドバイサー資格が取得できます。(カリキュラムや内容は協会の審査を受けています)

パチュリ(シソ科)の苗です
c0157323_12552269.jpg


アロマテラピーアドバイサー資格を取得されると、その上位資格にあたるアロマテラピーインストラクターとアロマセラピストを受験することができます。

アロマテラピーインストラクターの勉強は独学で勉強される方もいますが、かなり量が多く大変です。試験は1次試験と2次試験があります。認定校のアロマテラピーインストラクター資格対応講座で学ばれた方は、2次試験免除の特典があります。(試験は3月、9月)

アロマセラピスト資格は学科の勉強と、実技の勉強があります。
試験は学科と(5月、11月)試験と認定校での実技試験。
それから、カルテ症例を30症例の提出、審査があります。
アロマセラピストに関しては、認定校で学ぶことが主な勉強の仕方です。

よく、認定校で学ぶ意味はなんですか?と聞かれます。
アロマテラピーアドバイサーもアロマテラピーインストラクターも独学で勉強できなくはないと思いますが、認定校では講師が自分が学んできた中で感じたこと、伝えたいこと、また体験したことなどを交えてお話をしながら講座を進めますので、より楽しく分かりやすく、勉強の楽しさを味わっていただけると思います。

覚えることは大変ですが暗記はどこでもいつでもできることです。
資格試験の勉強は、もちろん合格が目標ですが、
「アロマテラピーやホリスティックなケアがなぜ今必要なのか?」
「アロマテラピーの資格を取って、自分は何を本当にしたいのか?」
また純粋に「学ぶことを楽しむ」ということも大切ではないかともいます。
私たち講師はプラスアルファの何かを見つけていただければ嬉しいです。

社)日本アロマ環境協会は現在の会員数は51312名。法人会員は242社。(NICOも法人会員です)
1996年、阪神大震災の翌年に、日本中が「癒し」に対して関心を集めた年に、アロマテラピー業界の有志が発起人となって、中立の非営利団体として「日本アロマテラピー協会」を立ち上げ、2005年に環境省所管の「財団法人日本アロマ環境協会」(AEAJ)が設立されました。

AEAJは、従来のアロマテラピーの普及、啓蒙に加えて、自然との共生を大切にしながら、自然の香りのある心豊かで、心地良い環境(いわゆる良好なアロマ環境)をづくりを積極的に推進する活動を展開しています。
その活動を支えている人たちが、自然や植物を愛し、人や動物に温かい気持ちで接していけば、素晴らしいアロマ環境、社会環境、家庭環境・・・トータルな心地良い環境が作られていくと信じています。


社)日本アロマ環境協会の会員のつどい 毎年3月ごろ

c0157323_1304885.jpg

by aromaspacenico | 2010-11-14 13:09 | アロマ

井上ハーブ農園を訪ねる

10月29日。朝5時起床。自宅から電車で3時間13分の道のりを経て、
秩父長瀞町にある井上ハーブ農園(井上ハーブ研究所)のハーブウォーター作り体験教室に参加してきました。この農園は今年「ハーブウォーターの世界」を出版された井上重治博士がハーブを育てながら、ハーブウォーターの研究をされている農園です。
c0157323_23403260.jpg

長瀞の川のある穏やかな景色

以前から私はハーブウォーター(芳香蒸留水)の素晴らしさに魅了されて、海外から訳本を参考に活用してきましたが、日本の研究者が芳香蒸留水についての本を著され、科学的な立場から取り上げられた本は初めてだったので、発売を待ってすぐに購入、東京で行われたグリーンフラスコの先生のゼミに参加したことがご縁をいただいたきっかけでした。

先生は科学者という顔以外に、短歌も詠まれたり、写真を撮られたり、山に登られたり、本当に多才な方です。「ハーブウォーター」の本の写真も先生がすべてお撮りになったということでした。ゼミに参加したときに井上先生は科学者の目とすばらしい感性で植物と向かい合われている方なのだと強く感じました。
c0157323_2346171.jpg

      井上重治先生の著書

丹精こめられたハーブは、とても元気育っていました。今回は「黒もじ」と「フジバカマ」の蒸留を行い、精油とハーブウォーターが出来上がるところを見せていただきました。
c0157323_23114.jpg

蒸留釜に入れられたハーブ
c0157323_235530.jpg

蒸留装置


井上先生は抗生物質の研究を長い間された後、ハーブに興味をもたれ、郷里の秩父でハーブの栽培とハーブウォーターの研究をされています。多種類のハーブ、「黒もじ」や「フジバカマ」といった日本独自のハーブウォーターの研究も先生が初めて行われたことです。今秋からは、そのハーブウォーターの販売も始められました。

井上先生のゼミに参加したときに、先生が手作りのフジバカマの香りを染み込ませた「しおり」をプレゼントしてくださったとき、また、講座の中でハーブウォーターに対する熱い想いを語ってくださったとき、秩父で郷里に帰ったときのように温かく私たちを迎えてくださった先生のお人柄に触れて、いっぺんに井上先生のファンになってしまいました。
c0157323_2124045.jpg

ミルクシスル
c0157323_2132481.jpg

フジバカマ

また、先生のお誕生された年が、うちの母と同じと聞いたときにびっくりして「お元気ですね!お若いですね」と申し上げたときに「それは夢を持つことです」とさりげなく笑顔で言われたときにも、先生とご縁をいただいたことに心から感謝をしました。

当日はお天気もよく、秩父の自然に恵まれた緑豊かな農園でゆっくりとした時間を過ごさせていただきました。
また、そこでは素敵な方々との出会いもいただきました。
お世話になりありがとうございました。
by aromaspacenico | 2009-10-31 23:41 | アロマ

何気ない日常の中に沢山の輝きを見つけて