ブログトップ | ログイン

アロマセラピストがつづる日常のできごと~ほっと一息~

鎌倉 春から新緑の季節へ

久々の鎌倉
ガーデンハウスへ
鎌倉駅西口近く、一歩店内に入ると
まるで森の中のレストラン
緑いっぱいの静かなお庭にほっとする。


c0157323_00454091.jpg




c0157323_00510507.jpg




c0157323_00544155.jpg





c0157323_00545537.jpg




c0157323_00550845.jpg





c0157323_00535681.jpg





c0157323_00553856.jpg





c0157323_00562882.jpg



眩しい光と新緑が
爽やかな5月へ

ひろげx



# by aromaspacenico | 2017-05-01 01:30 | PHOT

北鎌倉6月 紫陽花と光と風

梅雨の晴れ間に北鎌倉へ
紫陽花の時期はすでに終わりに近づいていた。

沢山の人々を迎えたであろう明月院の紫陽花たち
お疲れ様~と紫陽花に声をかけながら
朝の光に眩しい紫陽花を楽しむ。

日陰の風は爽やかで心地よく
光と風は夏に向かっていた。

c0157323_22154561.jpg


c0157323_2218312.jpg


c0157323_2219165.jpg


c0157323_22202468.jpg


c0157323_22213382.jpg


c0157323_22244631.jpg


c0157323_22254430.jpg


c0157323_22263110.jpg

# by aromaspacenico | 2015-06-25 22:28 | PHOT

風薫る5月 横浜山手

朝陽の中のアメリカ山公園

c0157323_2375071.jpg


c0157323_23103951.jpg


c0157323_23113973.jpg


c0157323_23123967.jpg


c0157323_23135779.jpg


c0157323_231535.jpg

# by aromaspacenico | 2014-05-24 23:16 | PHOT

早春の倉敷を訪ねて

2月は、旅に恵まれて倉敷を訪れました。
倉敷はアンノン族と言われた私の若いころのその当時の憧れの地。大学3年生の時に美術部の合宿で訪れて以来の訪問でした。
何も変わらず、保存され、整然と倉敷の美しさがそのままの姿で目に入ってきたときの喜び!!!
文化を大切にする意識の高さと心配りを町全体から感じました。
大原美術館には、名画中の名画が特別扱いされることなく飾られ、運よく人が少ない日であったので、ゆっくり鑑賞することができました。(スマホ撮影)

c0157323_025157.jpg

町並みを歩くだけで、心が緩んでいく


c0157323_0255840.jpg



c0157323_0262014.jpg

大正ガラスのと思われしき窓辺から、外を写す

c0157323_0401040.jpg

空は晴れ、さわやかに町を包み込む


c0157323_027123.jpg

シキザクラ?小さな桜の花ががほんのり咲いていた


c0157323_0274819.jpg

タイムスリップしたような美しい光景が広がる


c0157323_028279.jpg

壁の色はシックに美しく


c0157323_034768.jpg

アイビースクウェアのアイビーは、ここだけは緑を保つ


c0157323_03558100.jpg

# by aromaspacenico | 2014-02-27 00:59 | PHOT

早春の北鎌倉を訪ねて

2月の初め、カメラを持って、北鎌倉に行ってきました。
ほんの2時間半ぐらいいただけでしたが、春を待ち望む木々や花々に出会い、風は冷たくてもお日様の光は暖かくて、のんびり、自然の中に身を置く喜びを感じてきました。ほんのちょっと足を延ばすだけで、気持ちをそこに向けるだけで、素敵な世界が広がります。

東慶寺へ
c0157323_23315969.jpg


c0157323_23323512.jpg


c0157323_233342.jpg


c0157323_23333095.jpg


c0157323_23335836.jpg


c0157323_033787.jpg


c0157323_23444757.jpg


c0157323_23342883.jpg


c0157323_233576.jpg

# by aromaspacenico | 2014-02-27 00:08 | PHOT

何気ない日常の中に沢山の輝きを見つけて